1. TOP
  2. SPGアメックス
  3. SPGアメックスでANAマイルを貯めるメリット。生涯50万マイルを貯めた私が徹底分析

SPGアメックスでANAマイルを貯めるメリット。生涯50万マイルを貯めた私が徹底分析

マイルを劇的に貯めるようになり、SPGアメックスでANAマイルは貯まりますか?とご質問を頂く機会が増えました。

 

正直、SPGアメックスでANAマイルを貯めるメリットもあればデメリットもあります。

そのため人によって、SPGアメックスが1番満足できるクレジットカードとは言い切れません。

 

私は十分に理解した上で、SPGアメックスをメインカードとして利用しています。

調べれば調べるほど色々な意味で魅力的なクレジットカードだと感じています。

 

この記事がSPGアメックスでANAマイルを貯めようと思われている方の参考になれば幸いです。

それでは、本編をお楽しみください。

 

SPGアメックスでANAマイルを貯める方法

ANAマイルを貯めようと思ったとき「3つの方法」があります。

 

【ANAマイルを貯める方法】

・ショッピングでマイルを貯める

・飛行機に乗ってマイルを貯める

・ポイントサイトでマイルを貯める

 

これらの3つのポイントについて、1分ほどで確認できるようにSPGアメックスの基本情報をまとめてみました。

 

ショッピングでマイルを貯める

ショッピングでマイルを貯める方法は王道ですね。

SPGアメックスを利用してショッピングでマイルを貯めようと思ったときの基本的な情報は次の通りです。

【SPGアメックス】

・100円=3ポイント=1マイル

・還元率:最大1,25%

・マイル交換上限(年間):無制限

・手数料:無料

 

SPGアメックスを利用してショッピングをした時、還元率は1,0%です。

60,000ポイント以上をマイルに交換した場合、+5,000マイルがボーナスとしてもらえます。

そのため、還元率は1,25%になるカラクリです。

 

飛行機に乗ってマイルを貯める

ANAに搭乗するとマイルは貯まります。

その時、ANAカードの種類によって、フライトボーナスマイル積算率が変わります。

ただ、残念なことにSPGアメックスのフライトボーナスマイル積算率は0%です。

理由は、SPGアメックスはSPGグループが発行するクレジットカードだからです。

ANAが発行するクレジットカードのみがフライトボーナスマイルの対象になっています。

 

ポイントサイトでマイルを貯める

ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに変更する方法もあります。

 

100以上あるポイントサイトの中で、おススメのポイントサイトはハピタスです。

理由はポイントの貯める・使う両方のバランスが1番取れていて、ショッピング・サービスに特化しているため高還元率な案件が多い印象です。

事実、43個ある楽天サービスの還元率を徹底比較した結果、一番貯まるポイントサイトでした。

関連記事:【楽天ポイントを3重取りする裏ワザ。このポイントサイトを経由したら1番お得です】

 

ちなみに、SPGアメックスカードをポイントサイト経由で申込んで、ポイントをゲットし、それをANAマイルに変更すれば+αの印象を感じる方も多いですが、SPGアメックスに関しては、おススメできません。

理由はSPGアメックスは紹介プログラムを利用して、申込む方法が一番お得だからです。

獲得ANAマイル
紹介プログラム経由 最大13,000マイル
ポイントサイト経由 最大11,080マイル

 

約2,000マイルの差になります。

2,000マイルをショッピングで貯める場合、20万円が必要になります。

冗談抜きで、紹介プログラム経由でのお申込みが圧倒的にお得です。

 

>>SPGアメックスを紹介プログラムで申込みを考えている方は、こちらからどうぞ

※現時点での1番お得な申込方法になります。

 

SPGアメックスでANAマイルを貯める時の3つのデメリット

SPGアメックスのデメリットとして、年会費が高額(30,000円+税)などがよく取り上げられますね。

確かに大きなデメリットかもしれませんが、今回はそのようなSPGアメックスの基本的な情報でなく、ANAマイルをSPGアメックスで貯める時のデメリットのみ考えていきたいと思います。

 

結論から言いますと、以下の3つデメリットがありました。

【SPGアメックスでANAマイルを貯めるデメリット】

①還元率

②公共料金の還元率が1,0%じゃない

③フライトボーナスがつかない

 

①還元率

ショッピングでマイルを貯めようとした時、重要になってくるのが還元率です。

ANAゴールドカードであるANAワイドゴールドカードと比較してみました。(年会費も加えておきました)

ANAマイルへの還元率 年会費(税抜)
SPGアメックス 最大1,25% 30,000円
ANAワイドゴールド 最大1,72% 14,000円

 

ANAゴールドカードの中で最大の還元率を誇るANAワイドゴールドカードと比較すると、非常に厳しい結果になりました。

 

通常の利用では、どちらも還元率1,0%です。

ただ様々な条件をクリアした時にANAワイドゴールドに軍配が上がりました。

 

②公共料金の還元率が1,0%じゃない

SPGアメックスで支払いをした場合、基本的に1,0%の還元率です。

しかし電気、ガス、水道、税金の支払いは1,0%の還元率にはならず、200円=3ポイントになります。(通常100円=3ポイント)

これは、SPGアメックスだけでなく、アメックスカード全てにおいて還元率が低くなる話です。

 

③フライトボーナスがつかない

上記でも書かせて頂きましたが、ANAに搭乗した時に、マイルが付きます。

ANAが発行するANAカードであれば、それに加えフライトボーナスがもらえます。

SPGアメックスはSPGホテルグループが発行するカードなので、+αのボーナスマイルは残念ながらつきません。

同じゴールドカードであるANAゴールドカードと比べてみると以下のようになります。

フライトボーナスマイル積算率
SPGアメックス 0%
ANAゴールド +25%

 

それでもSPGアメックスをメインカードにした理由

SPGアメックスでANAマイルを貯めようと思ったときデメリットはあります…

 

ただ、SPGアメックスにしかない魅力があるのも事実です。

無料宿泊が付いてくるなどの基本的なSPGアメックスの魅力ではなく、ANAマイルを貯めることにフォーカスを当てて3つのポイントをご紹介させて頂きます。

このメリットに共感頂ける方は、ANAマイルを貯める為にSPGアメックスを持って損はないと思います。

【SPGアメックスしかない魅力】

①ポイントの有効期限が実質無期限

②ポイント⇒マイルの移行先が豊富

③ホテル代も無料になる

 

①ポイントの有効期限が実質無期限

SPGアメックスのポイントは1年以上ポイントの獲得や利用がない場合になくなります。

メインカードとして利用すれば、ポイントの有効期限は実質無期限になります。

 

ちなみにANAマイルは獲得してから3年でなくなってしまいます。

ANAの悲惨な結末として、以下の2つがあります。

【悲惨なケース】

・目標としているマイルに到達する前に期限切れになるケース。

・仕事などで予定が合わず使えないケース

 

有効期限がなかったら、時間を意識せずにコツコツ貯めることができます。

魅力的なポイントですね。

 

②ポイント⇒マイルの移行先が豊富

ぶっちゃけコレが1番の魅力です。

有効期限が実質無期限のクレジットカードは他にもありますが、世界の航空会社43社のマイレージと交換ができるのは、SPGアメックスだけです。

国内で利用するからANAとJALだけで十分だと思われている方……マジ必見です。

 

1番おすすめしているのが、ユナイテッド航空のマイルへの交換です。

【おススメする理由】

・ANAマイルよりお得にANA国内特典航空券に変えることができる

・燃油サーチャージが無料

 

ANAマイルよりお得にANA国内特典航空券に変えることができる

ANAマイルとユナイテッド航空の必要マイルを計算する方法に大きな違うポイントがあります。

計算方法
ANA 1回のフライト距離
ユナイテッド 出発~目的地の距離

 

少し分かりづらいので、具体的に説明すると以下のようになります。

例えば、鹿児島→仙台をANAを利用していこうと思う場合、以下の3パターンがあります。

①鹿児島空港→羽田空港→仙台空港

②鹿児島空港→伊丹空港→仙台空港

③鹿児島空港→福岡空港→仙台空港

①~③のどの経路もANA2回、利用します。

ANAマイルの場合:12,000マイル(6,000マイル/回×2回)

ユナイテッドマイルの場合:5,000マイル

差:7,000マイル

 

ユナイテッド航空のマイルは出発地(鹿児島)~目的地(仙台)の距離で必要マイル数が決まりますので、乗換えの回数は自由です。

地方に住んでいて直行便がないケースはユナイテッド航空のマイルは圧倒的にお得になります。

 

燃油サーチャージが無料

ANAマイルで国際線の特典航空券を予約した場合、燃油サーチャージ料金は支払う必要があります。

ユナイテッド航空で特典航空券を取った場合、燃油サーチャージを支払う必要はありません。

 

ちなみに燃油サーチャージ代は、距離や時期によってもかわりますが、1回搭乗する毎に2,000~20,000円程度です。

 

③ホテル代も無料になって、ゴールドエリート会員にもなれる

少し番外編になるかもしれませんが、ホテル代も無料になるのは重要なポイントです。

旅行を考えた時、色々な費用がかかりますが、2大出費は「航空代」と「宿泊代」です。

航空代はANAマイルで無料になりますが、宿泊代も無料になればさらに魅力な旅行になりませんか?

 

SPGアメックスはSPGグループだけでなく、マリオット系列とリッツカールトン系列のホテルの宿泊代をポイントで支払うことができます。

さらにはSPGアメックスを持っているだけで、25泊以上が必要なゴールドエリート会員になれます。

ゴールドエリート会員の特典のポイントは以下の通りです。

【SPGアメックス ゴールドエリート会員】

・部屋のアップグレードの可能性

・14:00までレイトチェックアウト

・Wi-Fi無料

・特典除外日なし

などなど…

 

これらの特典を利用すれば、さらにお得に旅行を楽しめますね。

 

SPGアメックスを1番お得に申込む方法

私はSPGアメックスをメインカードにして本当に良かったと思っています。

私のようにポイントが実質無期限で、色々な航空会社のマイルに変更できることをメリットと感じる方にとっては非常に魅力的なカードになっています。

詳しくは書きませんでしたが、SPGアメックスのカード特典として、2年目からは無料宿泊券も付いてきます。

年会費以上のホテルに宿泊することも可能です。

 

そんなSPGアメックスを申込もうと思ったとき、紹介プログラムを活用して申込むのが一番お得です。

最大で39,000ポイント=13,000マイルがもらえます。

39,000ポイントは、130万のSPGアメックスでの利用が必要になります。

SPGアメックスを申込む時は必ず紹介プログラムで申し込んでくださいね。

 

>>SPGアメックスを紹介プログラムで申込みを考えている方は、こちらからどうぞ

※現時点で1番お得な入会方法!最大39,000ポイントがもらえるキャンペーン中

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

\ SNSでシェアしよう! /

ポイントサイトのトリセツ(取扱説明書)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポイントサイトのトリセツ(取扱説明書)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • SPGアメックスの入会キャンペーン!1番お得な紹介プログラム経由の作り方を写真31枚で解説【2020年2月最新】

  • 知らないと大損…SPGアメックスとセゾンゴールドアメックスでマイルが貯まるのは?

  • 【ガチで比較】SPGアメックスかANAダイナース、どちらがマイル貯まりますか?

  • 【失敗談あり】SPGアメックスとセゾンプラチナを比較。マイル目的ならこっちがお得

  • SPGアメックスとアメックスゴールドを、マイルで旅行三昧の私が比較してみた。

  • 誰も書いていないSPGアメックスの本当の損益分岐点はココだ!