1. TOP
  2. ポイントサイト比較
  3. 本名で登録したくない人が迷わず選ぶポイントサイトとその理由

本名で登録したくない人が迷わず選ぶポイントサイトとその理由

こんにちは、だいきちです。

ポイントサイトを利用してみて改めて感じるのは、お得すぎます!

そんなポイントサイトにドハマりし過ぎて、私の毎月のお小遣いもほぼポイントサイトからのポイントになりました。

 

今ではガンガン利用している私ですが、始めは恐る恐る確認しながら、利用した事を覚えています。

特に登録時に入力する個人情報には慎重になっていました。

だって、万が一ポイントサイトから個人情報が流出して……

・知らない電話番号から連絡が来たらめんどくさいです。

・知らない宛先から郵送が来たら怖いです。

・なにより、本名が知られればグーグルやフェイスブックで、職業や住んでいる場所、プライベートな事は大抵分かってしまいます…

 

……本名だけは絶対バレたくない!

はじめは、そんな気持ちでした。

 

今ではガンガン利用していますが、しっかり対策さえ取っておけば問題ないと思っています。

 

本日は、ポイントサイトを利用し始めた当初の私のように「本名だけは絶対にバレたくない!」そんな人が選んでいるポイントサイトを紹介します。

ポイントサイトをどんどん利用していきましょう!

 

本名で登録したくない人が迷わず選ぶポイントサイト

本名を登録したくない人が選ぶポイントサイトは以下の7サイトです。

 

・ハピタス

・モッピー

・げん玉

・ポイントタウン

・ポイントインカム

・Gポイント

・すぐたま

 

この中でもハピタスが、さらにおススメです。

それには、しっかりと理由もあります。

順に解説していきますね。

 

まずは利用規約を確認してみよう

そもそも本名でなくても偽名で登録できれば何の問題もありませんよね。

それを確認するために、各ポイントサイトの利用規約をすべて見返してみました。

 

以下は、東証一部の会社(GMO株式会社)が運営しているポイントタウンの利用規約です。

偽名に該当するポイントは(1)(3)になります。

(1)登録申請者が実在しない場合。

(3)当社に提供した登録情報の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合。

 

もし偽名で登録して、ポイントサイト側にバレてしまった時は、強制退会処分になってしまいます。

もちろん、それまで貯めたポイントは没収されます。

再度、登録する事も難しくなるので、偽名を使ってまで登録する事は絶対辞めましょうね。

 

50サイト以上のポイントサイトを確認しましたが、すべて同じような内容でした。

気になる方はご自身で調べられてから登録してもらえればと思いますが、偽名を認めているポイントサイトはありません。

 

なるほど、、、偽名はダメな事が分かりました。

そもそも登録に本名は必要なのでしょうか?

本名が求められないのであれば、問題は全て解決します。

ザっと調べてみたら、登録に本名が求められるサイトと求められないサイトがありましたので、以下にまとめてみました。

 

登録に本名が必要な代表的なポイントサイト

以下の2サイトが、登録時に本名が必要です。

・ちょびリッチ

・ライフメディア

上記のように、登録時点で本名が求められます。

 

次に求められないポイントサイトを確認してみましょう。

 

登録に本名が必要ないポイントサイト

登録に本名が必要のないポイントサイトは以下の7つです。

・ハピタス

・モッピー

・げん玉

・ポイントタウン

・ポイントインカム

・Gポイント

・すぐたま

 

本名なしでポイントサイトに登録できるので、これらのポイントサイトが良いです。(※ニックネームは求められます)

そもそも登録時点で本名を知っても、ポイントサイトにはメリットがありません。

ポイントサイト側もそのことを理解しているので、登録では求めないサイトが多いんですね。

 

この中でもハピタスが一番おススメですが、その理由は本名の他に電話番号の登録も必要がない為です。

本名は絶対バレたくないですが、電話番号もバレるのは気持ち悪いです。

ましてやMNPで一生同じ電話番号を利用する可能性が高い時代ですし、できるだけ電話番号も登録したくないモノでしょう。

気になる方は、関連記事をご覧ください。

関連記事:電話番号が不要・SMS認証なしで登録可能な稼げるポイントサイトをリアルガチで分析

 

少し話が逸れてしまいましたが、……登録に必要がなくてもポイントサイトで本名が必要になるタイミングがあります。

 

本名が必要な時はどんな時?

ポイントサイトが本名を求めるのは、貯めたポイントを銀行口座に振込む時です。

残念ながら、これは100%避けられようがありません…

 

ちなみに、一度登録した氏名を変えられないポイントサイトと毎回のように氏名を求められるポイントサイトがあります。

後者であれば、シレっと氏名を変えて別の口座に振込めば、自分の本名がバレずにいいんじゃないの?と思われるかもしれません。

しかし…Q&Aに注意事項が書いています。

 

会員数700万人のモッピーから引用

 

本人の口座しか認められていません。

登録では氏名を求められないので、初めて銀行口座に振込む際は、利用者=銀行口座が同一人物なのかはポイントサイト側には分かりません。

しかし、次に振込んだ際の銀行口座が別名義なら1発アウトです。

その時は、アカウントの停止を覚悟しましょう。

 

本名が無くてもOKなポイント交換先

現金にこだわらなくても、貯めたポイントを本名なしで消化する方法は色々あります。

 

ご参考までに載せておきますね。

・Amazonギフト券

・楽天スーパーポイント

・APP STOREギフト券

・PEX

・ドットマネー

・Tポイント

・バーチャルポレット(ハピタスのみ)……

 

これ以外にも、様々な商品があります。

利用するポイントサイトの交換リストを確認してみましょう。

 

まとめ & もっともお得なハピタスの登録方法

本名が必要ないポイントサイトは7つありました。

その中でもハピタスがもっとも魅力的です。

理由は、登録時点で本名 & 電話番号が入力しなくてもOKだからです。

 

今ではガンガンにポイントサイトを利用していますが、初めて登録する人は特に、できるだけ個人情報が少なくて済むポイントサイトをお勧めします。(私が慎重派でしたので…)

ただ、実際ハピタスを利用してみると高還元の商品も多く、サイト設計も見やすいので満足度が高くなると思います。

 

それじゃ~、登録料・年会費も無料だし、ハピタスに登録しようと考える人もいるかと思いますが、注意点があります。

絶対、公式ホームページからは登録しないで下さい!

 

下のボタンからの登録であれば、期間限定キャンペーンが行われています。

詳しくは下の記事にまとめていますので、ご覧ください。

関連記事:ハピタスの入会キャンペーン!誰でも確実にXXX円相当のポイントがもらえるお得な話

 

※【期間限定キャンペーン中】登録後、7日以内のハピタス利用で400円相当のポイントがもらえる

 

【キャンペーン条件】

「登録日から7日以内に広告を利用し、通帳に『判定中』又は『有効』と記載される」条件を達成すると、特典の付与対象になります。

広告利用の通帳記載後、約5日で「ハピフレ初回広告利用特典」の名称で、400ポイント付与されます。

期間限定キャンペーンなんていらない!そんな方は右の公式URLからご登録ください → 公式URL:https://hapitas.jp/

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ポイントサイトのトリセツ(取扱説明書)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポイントサイトのトリセツ(取扱説明書)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • クロックスは、このポイントサイトとクーポン併用でさらにお得に【2019年10月】失敗しないサイトの使い方も惜しみなく公開中

  • デロンギ(公式サイト)をクーポンを使って安く買う方法。アウトレット品との併用可能だよ

  • タワーレコード オンラインを利用するなら、このポイントサイトが1番お得です!【2018年12月】

  • 楽天ブロードバンドWiMAX2の申込が1番お得なポイントサイトを比較・検証!ランキングしてみたよ【2018年11月】

  • Tカードプラスを申込むなら、このポイントサイトが1番お得!ランキングしてみたよ【2019年4月】

  • ウイルスバスターはクーポンで割引!さらにポイントサイトの併用でもっと格安に【2019年11月】失敗しないサイトの使い方も全て公開